150_01.jpg

2012年01月06日

モーレツ宇宙海賊1〜5話先行上映会行ってきたよ

政府と契約して宇宙海賊になってよ!

つうわけで、すでに昨年というか、半月前ですが、12月22日に新宿バルト9で行われたモーレツ宇宙海賊の先行上映会に当選したので、一足早く5話まで見てきました。

感想ですが、バルト9高いよ!(場所的な意味で)やめてこわいこわい!

ええと、アニメ見た感想としては、原作読者の人は割りと素直に楽しめるんじゃないかな。笹本テイストかなり粉団に盛り込まれてますし。
見ててミニスカ宇宙海賊は、やっぱりしっかりちゃんとSFなんだなー、と改めて感じれましたし。
でも、原作の笹本さんのお話の傾向みたいのを摑んでないと厳しい部分みたいのは、やはりあるかな。
最初に、おもちゃ売る為のアニメじゃないから、毎回毎回爆発起こしてドッカンドッカンドンパチドンパチやるお話ではないですよ、というのは踏まえてないと辛いかも。

作中登場する構造物なんかは、制作がサテライトということでCGの出来はいいだろうと思ってたけど、オデットU世がマスト拡げた絵とかはやはりかなり綺麗でした。まあ今回見た範囲では殆どオデットU世しか宇宙船出て来ませんけどw

音楽が、エレメンツガーデンということで、まあ、なんつうか、いつもエロゲで聞いてます、という感じだったんですが、でもこれもいい雰囲気出てました。
まあ馴染みのある作曲チームということでの安心感な部分かもしれません。

難を上げると、キャラクターデザインがやはり原作挿し絵と大分印象変わってたりしますよねえ。原作挿し絵の松本さんのキャラクターが割りとスレンダーなイメージなので、アニメは丸顔よりかなあ、と。……ミーサが丸顔寄りだとなんかイメージ変わる……なんか可愛いキャラに……
主題歌も好み分かれそうかなあ。PVで1回聞いただけなので個人的には良し悪しが付けれてない感じです。OPの画を見ながらだと印象変わるかな?

とりあえず、今回見た5話は、ミニスカ宇宙海賊のアニメ化として、安心して見られるものになってたと思います。
ファンとしては見ててかなり満足できたので、BD購入を前提にしてもいいかなーと思いました。

しかしあれだ、原作の笹本さんがほぼ30年選手だからか、イベントの客層が広いこと広いこと。普段アニメイベントなんかに行くと、あー、みんな若いねー、と感じるのに、今回は全く思わなかったというか、50歳60歳と見受けられる人たちがぞろぞろと……
なんかすげえなあ、と思いましたw

久々に長文書きましたな。
というか相変わらず支離滅裂な感じ……(´・ω・`)
posted by えちマヨ at 22:08| Comment(1) | 日記